大沢在昌のファンで先日「闇先案内人」を読んだらいつものごとく上下2巻を1日で一気読み。面白かった!
何らかの理由で逃げなければならない「お客」の逃亡を請け負う裏の商売「逃がし屋」が、自分の過去と引き換えにその同業者が匿っている某国要人を追う羽目に。
警察、暴力団、政治団体を巻き混んだ追跡劇が息つく間も無く繰り広げられるわけだけど、主人公の葛原に付けられた男女二人の護衛。
その片方、女性警官(SP)の咲村恵美子がなかなか魅力的で彼女の行く先がどうなるのか?が一気読みの原動力になった。
頭の回転の速さ、要人警護をする身体能力、決して美人では無いが整った顔立ちと健康的な体つき。
こんな強い反面女性としての弱さを持ったタイプって付き合ってみたいなぁ?と。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする