母親として好き嫌いはできるだけなくすようにしたいが、どうにも食べられないものが「なす」です。親が嫌いなわけでもなく、普通に食卓にはあったのですが、ほかの兄弟は食べますが、私だけ全く食べられず、また当時は給食にもでることもなく過ごしていました。
当然困ったことはなく。親も食べなさいとは言わず、お味噌汁などに入っても食べずにいました。結婚してこちらの家庭では普通に食べるそうな。ただ私が食事を作るので出てくることもなくなり。
たまにあっても作る料理を知らず。子供たちも食べたことがないので、好きも嫌いもわからない状態でした。長男が一人暮らしして友人と食事して天ぷらなど食べるときなすが食べれておいしかったよと。結局母親が嫌いだと料理法も知らず、勝ってくることもなく、そのまま生きてきた我が家でした。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.