自分の好きな食べ物は幼い頃に母親が作ってくれた、極普通のジャガイモコロッケです。小学生の低学年のころは母親が夕飯の支度を始めると必ず手伝いをさせられました。コロッケのときはジャガイモが茹で上がると皮を剥いて潰して練るところまでです。
みているうちに作り方を覚えてしまいました。当時は、お店で作って売っているコロッケの味は知りませんでしたから高校生くらいまではコロッケという食べ物は全て同じものかと思っていました。同じような作り方をしたコロッケや他の食材を混ぜてつくるコロッケがあり食べましたがやはり母親が作ってくれたコロッケが一番好きで美味しいと思います。
その作り方と味は母親から教えて貰った通りに今も作れます。母親は13年前に他界致しましたがその味は今も残っています。自分の好きな食べ物はジャガイモコロッケです。

おいしいと思うもの、それは、昨日夜に食べたフライドポテトでした。そもそも好きな食べ物なので、注文しました。もっと正確に言えば、餃子のほうが好きですが、残念ながら、お店のメニューからなくなってしまっていました。
店員さんに、質問してしまいました。メニューの写真からなくなっただけで、ひょっとしたら、実は、まだあるのかもしれないと思ってしまったからでした。餃子フアンの心理でした。
結果は、本当に、なくなっていました。よって、駄々をこねずに、別のものを頼みました。
ポテトの黄色も好きです。黄色とは、私は、相性が良いようです。

私はホルモンが大好きです。焼き肉や、もつ鍋、ホルモン炒め料理など、なんでもホルモンがあるだけで魅力を感じます。ホルモンには噛み応えがあるあっさりしたものから油が多いもの色々ありどれも食べますが、その中でも、脂身が多く口の中でじゅわっととろけるタイプが好みです。もつ鍋に関しては、大好きすぎて時々、飛行機にのって福岡まで食べに行くこともあります。もつ鍋でもホルモンばかりを食べてしまうため、野菜などの具材が残ることが多く、一緒に行くなどに注意されることもしばしばあります。
だけど、それくらいホルモンが好きなので治りません。
男の脱毛サロンはこちら

長崎の名物ちゃんぽん。皿うどんも好きだけど、最近はちゃんぽんにはまってます。麺類なのに野菜たっぷり食べれるのも嬉しいし、一皿がボリューミーでお腹いっぱいになります。野菜を別に炒めているからか、野菜がしゃきしゃきしていてそれだけで美味しいのだ。野菜と太めの中華めんがまたあう。
とんこつなのにあっさりしていてとっても食べやすい。お店でたべると野菜二倍ちゃんぽんとか、野菜多めちゃんぽんがあります。一度食べたことがありますが、感想としては普通が一番です。
スタンダードの量が、野菜と麺のバランスがいい。さっきから野菜ばっかり食べてわ~となるので、かなりの野菜好きではない限り普通の比率が一番です。じゅうぶん野菜はいってますし。

ラーメンはとんこつが一番好き。女性なのにこってりいくね?とか、年齢いって脂っこくて無理になった。とか周りは言うのだけど、やっぱりとんこつが私は大好き。ガッツリ濃厚とんこつで、麺は細麺ストレート。
縮れ麺は好きじゃない。インスタントなら縮れでも構わないけどラーメンやで食べるなら麺は絶対細麺ストレート。とんこつでも細麺ストレートじゃなければ頼まないかもしれない・・・。シンプルにチャーシューとネギがのっているとんこつラーメンが好きで、きくらげはあってもいいけど、なくていい(笑)テーブルに高菜と紅ショウガがあればもういう事なしです。
紅生姜は初めからいれちゃうとスープが汚れるので後半に、よく汁をきっていれるのがいい。紅生姜いれると味にアクセントが加わりいい。紅生姜じたい好きなのもあるけれど。最後にたかなラーメンにして食せばもう大満足です。

母親として好き嫌いはできるだけなくすようにしたいが、どうにも食べられないものが「なす」です。親が嫌いなわけでもなく、普通に食卓にはあったのですが、ほかの兄弟は食べますが、私だけ全く食べられず、また当時は給食にもでることもなく過ごしていました。
当然困ったことはなく。親も食べなさいとは言わず、お味噌汁などに入っても食べずにいました。結婚してこちらの家庭では普通に食べるそうな。ただ私が食事を作るので出てくることもなくなり。
たまにあっても作る料理を知らず。子供たちも食べたことがないので、好きも嫌いもわからない状態でした。長男が一人暮らしして友人と食事して天ぷらなど食べるときなすが食べれておいしかったよと。結局母親が嫌いだと料理法も知らず、勝ってくることもなく、そのまま生きてきた我が家でした。

子供のころは苦手だったものが大人になって自然と好き嫌いがなくなった。魚とかピーマンとかなすびとが、山菜とか。旅館の食事も美味しくいただけて、食事に困ることはなくなった。
だがしかし、君だけはいまだ克服できない!!しいたけだけは絶対無理!!ひと口も食べれない唯一の食品がしいたけです。もともときのこ類は苦手だったけれど、しめじもえのきもエリンギも、食べれるレベルにはなった。けれどしいたけは別格です。みためのグロさにくわえ、独特の香り。調理しているときのあの匂いだけで吐けるレベルです。
嫌いなものは感じやすいといいますが、しいたけ本体ははいっていないけど、干ししいたけの戻し汁をだしとしていれてるよって料理まで、わかってしまします。もう、唯一克服不可能食品がしいたけと、断言できます。

 私の嫌いな食べ物は数えきれないほどあり、そのため小学校の給食の時間は地獄でした。
傾向からいうと、まず野菜等繊維感のあるものがほぼダメです。ねぎ、玉ねぎ、にんじん、ゴボウ、大根、カブ、なす、レンコン、たけのこ、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜、春菊、しいたけ、みょうが、セロリ、にらなどです。
 また調味料についても洋風のもの酸味の強いものはtsは大体ダメです。市販のソース、ケチャップ、マヨネーズがダメで、飲食店のベシャメルソースは不可、ドミグラスソースはトマトを使っていないものはOKで他は不可、タルタルソースも不可です。サラダ用ドレッシング類も和風で青シソをつかっていないものとチョレギドレッシング、中華ドレッシング以外はダメです。もちろんネギがはいっていたらダメです。

みなさんはフルーツ、食べてますか??私は毎日・毎食食べたいぐらいフルーツが大好きです!!中でも、そのときしか食べられない旬のものが大好きで、春には必ずイチゴ狩りに行きますし、秋になるとブドウや柿が並ぶ特別なフルーツバイキングに行っています!梅雨明け頃には宇宙一といっても過言ではないぐらい大好きなサクランボの季節です!冷蔵庫を開けるたびにルビーのように光り輝くサクランボを眺めてはウハウハしてます。
最近ハマったのは「パイナップル」です。これまでスーパーに並んでいても通り過ぎていたパイナップル。なんだかあまり当たったことがない気がしていて、缶詰やカットフルーツで代用していました。ある日なんとなく手にとってニオイを嗅いでみると・・・「これ絶対おいしい!」という香り!しかも「また食べたくなるパイナップル」とキャッチコピーが貼ってあります。値段も298円ですし、子どもたちも食べたい!と言います。物は試しに・・・と食べてみると、全然酸っぱくないし、想像以上にあまいんです!!!それから毎日ニオイをかいでは一番おいしそうなものを買っては食べ~買っては食べ~と、1週間は食べ続けました。
もう、パイナップルの目利きができるほど食べました!また大好きなフルーツが増えて幸せです。

初めてパクチーに出会ったのは、友達が作ってくれたサラダを食べたときです。パクッと食べて・・なんだこれは~!と、一瞬の間があり、「おえぇ~」と吐き気がしました。
まさか戻すわけにもいかず、何とか飲み込みましたが、それ以来、パクチーはダメ!です。嫌いです。
パクチー大好きな友人がいますが、「山盛りパクチー」話は、ついていけません~というか、信じられません。
パセリも、ミョウガも、ネギも、日本の「香り系野菜」は好きなのに、パクチーはダメです。
友人は「慣れ」だというのですが、パクチーを食べに行こうと誘われますが・・ダメです。嫌いです。
今後、好きになるとは、思われません。